オンラインサービスプライバシーポリシー

ヤマハ発動機グループ オンラインサービスプライバシーポリシー

このオンラインプライバシーポリシー(以下、「本プライバシーポリシー」という)はヤマハ発動機グループ(以下、「YMCグループ」という)が提供するYamaha Motor IDを利用するアプリケーションまたはウェブサイト上のオンラインサービス(以下、総称して「アプリケーション」という)に適用されます。

YMCグループが提供するアプリケーションでは、本プライバシーポリシーに加えて、または本プライバシーポリシーとは別にお客様に関するデータの取扱いに関わる詳細な情報をお知らせする個別のアプリケーションプライバシーポリシー(以下「個別ポリシー」という)を定めている場合があります。そのようなサービスにおいて本プライバシーポリシーと個別ポリシーに矛盾がある場合、個別ポリシーが優先されます。

 

 

  1. 取得するお客様に関するデータ

YMCグループは、アプリケーションを利用するお客様に関するデータ(以下「利用者データ」という)を、個別ポリシーで通知したうえで、収集・利用します。利用者データには、お客様の個人情報が含まれる場合があります。

利用者データには、アプリケーション上でお客様が直接入力いただく情報、アプリケーションの利用によりお客様のデバイスから取得する情報、アプリケーションを経由して取得するお客様がお持ちのYMCグループの製品に関する情報や、アプリケーション上にて発生したお客様に関する情報等が含まれます。

取得する利用者データはアプリケーションによって異なりますが、主には以下のような情報が含まれます。

  • プロフィール情報(名前、性別、生年月日、電話番号、メールアドレス、ソーシャルメディア等その他連絡先に関する情報) 
  • アプリケーションに入力または接続したYMCグループ製品に関する情報 (製品名、型式、製品識別番号、保証登録情報、製品の状態に関する情報、サービス履歴等)
  • お客様のデバイスに関する情報(GPS情報、デバイス情報、クッキー情報等)
  • アプリケーションの利用履歴に関する情報(操作ログ含む)
  • アプリケーションに関するお問い合わせの内容

 

  1. 利用者データの利用目的

アプリケーションでは、以下の目的のために利用者データを利用することがあります。なお、以下の目的のために、YMCグループが取得した情報を組み合わせて使用する可能性があります。

  • アプリケーションサービス提供(それに付帯・関連する業務含む)のため
  • 品質向上・商品開発・改善を目的とした市場調査等の情報収集、および分析のため
  • 問い合わせ、ご意見、ご要望への対応のため
  • アプリケーションサービスの内部評価
  • マーケティング活動および分析のため
  • YMCグループに関連する製品・サービスなどに関するご案内を行うため
  • 各種イベント、キャンペーンの案内、運営、管理および各種情報の提供のため
  • 財産と権利の保護と安全のため
  • ネットワークと情報セキュリティ対策のため
  • 法令、条例およびその他の規制などを遵守するため
  • その他、アプリケーションの利用にあたって通知する利用目的

なお、3.利用者データの提供で記載する内容とは別に、利用目的に関わらず、利用者データを個人が特定できない形式に変換し、統計または集計データとしてYMCグループにて共有することがあります。

 

  1. 利用者データの提供
  • 利用者データの第三者提供について

YMCグループは、利用目的の達成に必要な範囲内で、利用者データを、ヤマハ発動機㈱およびお客様がお住まいの国または地域のグループ会社との間で共有することがあります。

その他、YMCグループでは、以下の場合を除き、利用者データを第三者へ開示・提供することはありません。

  • 個別のサービスで通知している場合
  • お客様本人から同意を得た場合
  • 適用される法令等で定められている場合

 

  • 業務委託先への提供

YMCグループは、アプリケーションをご提供するにあたり、その業務の一部を委託し、利用目的の達成に必要な範囲内で、業務委託先に対して利用者データを提供することがあります。お客様の個人情報の取扱いをこれらの第三者に対して委託する場合には、適用される法令等が定める内容に従い、必要かつ適切な措置を講じます。

 

  • ソーシャルメディアへの個人情報の提供について

YMCグループが提供する一部のサービスでは、FacebookGoogle等のソーシャルメディアのアカウントを活用してログインできる機能を導入しています。利用者がアプリケーションを利用するにあたり、YMCグループが外部サービス情報を利用することについての許可を求められることがあり、かかる内容を確認の上、許可した場合に限り、アプリケーションを利用できるものとします。お客様は、いつでも該当するYMCグループのアプリケーションからアカウントを削除したり、ソーシャルメディアのお客様のアカウントからこの承認を削除することができます。

尚、ソーシャルメディアのアカウントを利用する場合、お客様のアプリケーションの利用に関する情報を、ソーシャルメディアプロバイダーが取り扱うことに注意してください。これらの情報は各ソーシャルメディア等のプライバシーポリシーに基づいて管理されています。詳細は各ソーシャルメディアのウェブサイトをご覧ください。

 

  • 国外への個人情報の移転

YMCグループは、グローバルに事業活動を展開しており、お客様がお住まいの国または地域と同等の個人情報の保護に関する法令等がない国または地域に利用者データを移転することがあります。利用者データの国外移転にあたり、YMCグループは、適用される法令等が定める内容に従い適切な措置を講じます。

 

  1. お客様による選択

お客様によるYMCグループへの利用者データの提供は、原則として、お客様の意思によって行われるものです。しかし、アプリケーションをご利用される際に、メールアドレスや電話番号等のお客様の情報をご提供いただけない場合、アプリケーションを利用できなくなる場合や、サービスの機能の一部が正しく動作しない等の不利益が生じる可能性がございます。

 

  1. クッキーについて

YMCグループのアプリケーションではクッキーおよびWebビーコンその他の類似技術を設定することがあります。これにより、お客様がYMCグループのアプリケーションを利用する際により良い体験を提供することができ、またYMCグループのアプリケーションを改善することができます。詳しくはクッキーポリシーをご参照ください。

 

  1. お客様の利用者データを保護するための組織的・技術的施策

YMCグループは、個人情報保護にかかる管理体制を確立し、利用者データへの不正アクセス、利用者データの紛失・破壊・改ざん・漏洩等の防止その他安全管理のために、組織的、物理的および技術的な以下のような安全管理措置を適切に講じます。

  • 利用者データへのアクセスは、特定の目的を持つ許可された担当者のみに限定されます
  • 外部からの不正アクセス防止のための措置(ファイアウォールの設置等)を実施します。
  • システムへのアクセスは常に監視され、アクセスログの保存等を実施します。

また、個人情報保護の重要性を認識し、利用者データを取り扱う役員および従業員等に対して、個人情報保護のための教育・啓発活動に努める等、人的な安全管理措置を適切に講じます。

また、万が一、個人情報の漏えい事故等が発生した場合には、事実関係と原因の調査、二次被害の防止策および再発防止策等を実施し、適切に対応します。

 

  1. 利用者データの修正および削除について

お客様がお使いのアプリケーション上で、お客様ご本人が、利用者データの一部を修正することができます。

それ以外の利用者データの修正および削除を希望される場合は、お客様がお使いのアプリケーションを通じてご連絡ください。YMCグループは適用される法令等の定める内容に従い、誠実かつ適切に対応いたします。尚、利用者データの一部若しくはすべては、適用される法令等の義務を果たすために、または、アプリケーションの機能を適切に提供するために必要であり、当該利用者データの一部を保持する場合があることをご了解ください。

尚、YMCグループでは、利用者データを、利用目的を達成するために必要な期間、または適用される法令等の義務を果たすために必要な期間保管します。

 

  1. 本プライバシーポリシーの管理者

ヤマハ発動機株式会社
438-8501  静岡県磐田市新貝2500
dpo@yamaha-motor.co.jp

お客様からのお問い合わせへの対応において、お客様の事前の同意を得ることが難しい状況である等の事情がある場合は、その目的を達成する範囲に限り、お客様の個人情報を当社グループや代理店やディーラー等の取引先と共有することがあります。

 

  1. 本プライバシーポリシーの改訂

YMCグループは、法令変更への対応の必要性および事業上の必要性等に応じて、随時本プライバシーポリシーの内容を変更、修正、追加、削除することがあります。この通知に対する変更はお客様がお使いのアプリケーションを通じて通知されます。

 

  1. 分離可能性

本プライバシーポリシーのいずれかの条項がその全部または一部が無効または強制不可能となった場合でも、他の条項の有効性または強制力はこれにより影響を受けることなく、かかる無効または強制不可能な条項の趣旨や経済的利益に可能な限り近い効力を有する、有効で実施可能な条項に置き換えられたものと見なされます。

 

  1. 言語

本プライバシーポリシーの準拠言語は英語とします。英語以外の言語で翻訳されたものについてはお客様による参照を目的として用いられるものとします。

最終更新日:2020年10月26日